債務整理とクレジットカード

債務整理とクレジットカードの関係についでの情報ブログです
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

自己破産の申告は原則的に債務の返済が不能になったという判定を受けた際に債務をもつ

0
    自己破産の申告は原則的に債務の返済が不能になったという判定を受けた際に債務をもつ人が所持する一切の財産(生きていく上でなくてはならないものだけは所持を認可されている)を回収されてしまう一方で、一切の負債が免責となるものです。

    自己破産以後、働いて得た収入や新たに保持し出したお金を借金に使ってしまう法的義務は存在せず多重債務者などの経済的更生を支援するために整えられた法制度といえます。

    借金整理に関するトラブルを抱える人が多くのケースで負っている不安には破産の申告を実際に行うことへの不安があります。

    勤め先に知られてしまい以後の社会生活に悪影響をこうむるのではといったように思い込んでしまう自己破産希望者がなぜかたくさんいらっしゃいますが実際のところ不安に思わなければいけないような縛りは少ないといえます。

    破産の申立ては複数の債務、自分の手に負えない額の借金で社会的生活に支障をきたしている人を窮地から救い出すことを目的に国で定めた法的制度なのです。

    自己破産が認められた方においてそれ以後の日常の中で著しい障害となるような事は極力無いように作成された制度と言えるでしょう。

    一方で、自己破産手続きをするには確実に満たさなくてはいけないような要件があるのでお伝えします。

    それが何かと言うと返済義務のある負債をどんなに頑張っても返済することが不可能(債務履行不能状態)であるという裁判所のお墨付きです。

    返済額の額面又はそのときの収入をみて自己破産を望む人が返却不能状態という風に裁判所からみなされたら、自己破産を行えるわけです。

    もし自己破産を望む人の借入金合計が100万円の一方で月々の収入が10万円。

    そのようなケースでは返済がほぼ不可能であるため借金の返済が不能というように認定され自己破産というものをすることが出来るようになるとされています。

    その一方職があるかどうかということに関してはそこまで考慮の対象にならず、自己破産申請はその人が今まで通り労働して債務返済がとても困難である状況にある人が対象になるという取り決めがありますので、労働しうる状態で、働くことが可能な状態であると認められれば借入金の総計が200万円にまで届かないのであれば申告が受理されないようなこともあるのです。

    「今年の2月に債務整理をし、いつも携帯していたクレジットカードは使えなくなった...」 より引用

    今年の2月に債務整理をし、いつも携帯していたクレジットカードは使えなくなったんですが、 作ってからほとんど使っていないクレジットカード会社から更新でカードが送付され 普通に使えています。 どういった理由で使えるんでしょうか?…(続きを読む)

    引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9kZXRhaWwuY2hpZWJ1a3Vyby55YWhvby5jby5qcC9xYS9xdWVzdGlvbl9kZXRhaWwvcTEwMTgwODg1MDk1


    債務整理 | permalink | comments(0) | -